Lycka blog

酒蔵見学

先日、
社員旅行で訪れた高山で酒蔵見学に行ってまいりました。

川尻酒造という幕末の頃から続く、昔ながらの道具にこだわり昔ながらの作り方を守り続けているこだわりいっぱいの酒造場らしいです。



そしてこの酒造場の最大のこだわりは「古酒」だそうです。
3年から10年ほど寝かせることで、カドの取れたまろやかな味わいになるらしいですよ。

実際に試飲してみました。

古酒でしかも原酒の「ひだ政宗」



原酒とは出来た酒のアルコール度数調整をする前の酒らしいですよ。
20度ちょいあるそうです。

飲んでみると、20度以上あるようには感じない飲みやすいお酒でした。
まさにまろやかという感じですね。

ここでしか販売していないとても貴重なお酒でした。

しかし酒蔵っていいですね〜。
150年以上の歴史ある空間はなんとも居心地が良くて、熱燗が400円で飲めるということで熱燗やりながら長居してしまいました^o^



結局僕が購入したのは「山ひだ」



2002年に出来た酒を寝かせて作ったお酒です。

結構な古酒ですよね。
度数は15度くらいで、超辛口を時間をかけてまろやかな辛口にしたものです。
とても味わいのある、でも飲みやすい。
生産性や利益よりも、こだわりを貫いて作っただけの味わいです。

初の古酒体験、とても貴重な体験でした!

皆さんもぜひ体験してみてください!


back